東京 三軒茶屋 数秘術鑑定・占い 西きほ子 Since2011

多次元数秘術と霊視でまるっとお見透し! どんな悩みも解決に導き、スッキリ笑顔にしてお帰りいただくことをモットーとしています。

結婚・離婚 霊性を磨く生き方

共働き

投稿日:


ほぼ毎日、1歳3カ月になる息子を近くの公園散歩や児童館などの室内遊び場に連れ出すのですが、そこでは必然的に保育所の待機児童問題の話が多く聞かれます。


会社の職場復帰には期日という縛りがあり、それを逃せばこれまでの職を失って今の家計は成り立たなくなるのでしょうから、母親達がヒステリックになるのも仕方がありません。

先日居合わせた親子は「ここでの保活を諦めて他へ引越しをすることにしました。今までお世話になりました」と挨拶して回っていました。

 

「自分の子供と同じ学年の他の親子は、皆がわが子の保育園在籍を脅かす存在なのです。無意識に敵視し合っているような独特の空気感に私はどうしても馴染むことができず、帰宅すると疲れ切っている自分に気付きます。
受験や就職のためにはほとんどの大人が通ってきた道ですが、そのことで心が疲弊したまま暮らし続けている方が多い今の社会の現実…そのことだけでも大問題なのに、まさかこの世に生まれてきたら早速、似た状況を味わされるとは何ともやるせない実態です。

 

ママたちの半ば諦めの入った愚痴や、やり場のない怒りを聞いていても、自分では愚痴るくらいしかできないというだけで、実は本心はそこではないように思います。
口では「職場復帰したい」と語りますが、本心は「子供をよい環境でちゃんと育てたいし、お料理はじめ家事全般をもっとしっかりできるようにしたい」なのです。

 

けれども「私は専業主婦になりたい」などと言われて喜べる経済状況の若い男性はあまりいない、という過酷な時代に私たちは生きています。本心を言うことが許されず、今や都市部を中心に家庭を築く選択肢が「共働き」しか用意されていないという異常事態なのです。
「それならば田舎に暮らせばよい」と言うのは簡単で、それは満員電車で通勤している世帯の多くが憧れていることでもあります。やはり、どのようにして収入を得て、あるいは無収入でも暮らしを立てられるのか?の部分で「不可能である」と判断している人が多いということです。


大きな組織に所属して賃金を得て暮らすことが、本当に一生安泰の道だと言えるのでしょうか。そんな時代がしばらく続いたのは事実ですが、今はこの世とあの世の切り分けさえ不明瞭となっている大変革の時です。

 

安泰を望んで暮らすことのリスクの方が日々高まっているように思えるのです。そもそも、得るお金の額と人生の豊かさとは比例していません。このことに気付いて生活を変える人々が増え続けることによって、待機児童だけでなく諸々の社会問題は解決して行くものだと私は信じています。

セッションのお申込み・お問合せ

現在募集中の対面セッションの
空き状況はこちらをご覧ください

2017/11/30更新


霊性実践生活のススメ 注目記事

1

今日は、私が今の様な占い師となる直接のきっかけとなった7~8年前のエピソードをお話しようと思います。   その ...

2

私の日常では、目の前で起こったことをそのまま人に話しても「それは妄想だよ」で片付けられてしまうような事がよく起こります。 ...

3

夫である石井との出会いはSNSがきっかけでした。私の知人の投稿に、全く知らなかった石井がなかなか味のあるコメントを書いて ...

4

つい先日、さっきまで比較的元気だと思っていた夫が夕方に「熱っぽい」と言い出してベッドに寝こんでしまいました。あまりにも辛 ...

-結婚・離婚, 霊性を磨く生き方

Copyright© 東京 三軒茶屋 数秘術鑑定・占い 西きほ子 Since2011 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.