東京 三軒茶屋 数秘術鑑定・占い 西きほ子 Since2011

多次元数秘術と霊視でまるっとお見透し! どんな悩みも解決に導き、スッキリ笑顔にしてお帰りいただくことをモットーとしています。

結婚・離婚

生活と人生は別

投稿日:


「私はこのまま独身なのでしょうか?」というご相談がたまにあります。

そんな時、私は「結婚=幸せ・独身=不幸せ」と多くの皆さんが信じ込まされていますが、その呪縛から逃れられない状態で生きてしまっているのではないでしょうか?という角度からお話を始めます。

 

私はかつて自分が結婚に失敗した経験から、とても沢山の気付きを得ました。とりわけ大きな問題は、結婚で視野がより狭くなったことでした。

結婚しさえすれば幸せ街道まっしぐら…だと思い込み(笑)いつでも夫や子供を優先させて自分の持つあらゆる世界を諦めてしまったのでした。そうすることで自分を見失い、唯一の社会の窓となった夫を大切に肯定し続け、大袈裟に言うのなら結果的に家庭をカルト宗教化させてしまったのです。

 

人生に汚点を残さないこと(離婚もその一つだと考えていました)に最大限の注意を払いながら、たとえ問題が起こっても無かった事として問題を先送りしているうちに十年強の時が経過し、修復不可能なところまで歪が溜まってしまった…というのが、一回目の結婚の結末なのでした。いつの間にか円形脱毛症になっていて、それが治らないまま月日は流れて原因不明の体調不良があちこち続き、全く身動きが取れない状態に陥っていたのです。

 

自分が離婚してから多くの離婚経験者からもお話を伺うようになって、わかったことがあります。

良い悪いの問題ではなく、やはり大抵の夫婦間には鎖で繋がれたようなエネルギーの循環が存在していて、そうなってしまうとそこから抜け出すことが容易でないのです。傍から見ていて「そのような身体的、あるいは精神的暴力があるのならば別れればいい!」と言えるような単純な問題ではないのです。

 

自分で進んで檻を作りたがって、自ら檻に入り込んで苦しんでいた…今となって思い返せば「なんという自虐行為なんだろう」と笑ってしまいますが、それに真剣に取り組んでいたのです。これは結婚だけでなくて仕事でも趣味でも、経済、つまり『お金と人』が絡めば必然的に発生する問題なのだと思います。

 

今ほどの情報化社会ならば、情報の取捨選択こそが大切なのであって「結婚しているから・独身だから・大きな組織に属しているから・少人数または個人事業だから」…なんてレッテル貼りは、何の意味も持たないのではないでしょうか?
大事なのは、その人がどのような社会的な立ち位置であっても「どんな知識や技術をはじめとする、機械とは違う人間的な特性を有しているのか?それらを活かせるネットワークをどれだけ作ることができるのか?」なのだと思います。

 

皆が一人きりでは生きて行けない人間という生物ですから、他とのつながりを深めることが重要なのはいつの時代でも同じことです。広い視野や見識、信頼できる深い人間関係を持っていることは自信を持って生きるためにも必要です。

 

ただ、それらが名刺の肩書きのようなもので決まっていた時代が終わったということです。

 

どこに所属してどんな国家資格等を有していてもダメな人はダメ。何の肩書きも無くたって立派で魅力的な人は世の中に大勢います。そのことに誰にでも分別が付けられるようになってきたということですね。

 

物質的生活が豊かであるのと、人生そのものが豊かであることは全く別の話。そこに気付く人が急激に増えていますから、社会のしくみが急変するのも当然のことです。

 ご予約・お問合せ

現在募集中の対面セッションの
空き状況はこちらをご覧ください

2017/11/2更新


霊性実践生活のススメ 注目記事

1

今日は、私が今の様な占い師となる直接のきっかけとなった7~8年前のエピソードをお話しようと思います。   その ...

2

私の日常では、目の前で起こったことをそのまま人に話しても「それは妄想だよ」で片付けられてしまうような事がよく起こります。 ...

3

夫である石井との出会いはSNSがきっかけでした。私の知人の投稿に、全く知らなかった石井がなかなか味のあるコメントを書いて ...

4

つい先日、さっきまで比較的元気だと思っていた夫が夕方に「熱っぽい」と言い出してベッドに寝こんでしまいました。あまりにも辛 ...

-結婚・離婚

Copyright© 東京 三軒茶屋 数秘術鑑定・占い 西きほ子 Since2011 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.