東京 三軒茶屋 数秘術鑑定・占い 西きほ子 Since2011

多次元数秘術と霊視でまるっとお見透し! どんな悩みも解決に導き、お客様を笑顔にしてお帰りいただくことをモットーとしています。

日常からの学び 霊性を磨く生き方

リラックスの大切さ

投稿日:


1歳9か月の息子には今のところ悩み事がありません。
時々立ち向かってくる強制力からもスルッとすり抜けてしまって、本人の中では何事もなかったこととなります。

朝、起きたかと思うとすぐ遊びに集中して取り組みます。
常に時間を気にしないで気持ちのままに身体を動かし、疲れたら寝て、寝る寸前までは自分の世界に没頭している姿を毎日見せてくれています。

 

人間は、時間の概念を持った途端に消耗して気力減退などが生じるのではないでしょうか。

 

大人でも、毎日「起きて寝るまで」の間だけで完結した日々を送ることだってできるはずです。小さな子供でない限り予定を組むことは必要でしょう。それがマズイと言っているわけではありません。

 

私たち大人が消耗する原因の多くは、たいていが過去への後悔や未来への不安です。子供には当たり前の「今に生きる」ということが難しくなってしまうのはなぜでしょう。

大人は、病気や事故やあらゆる被害など、いわゆる不幸を想定して生きることが計画性があって賢い事だと信じています。しかし子どもを間近で観ていると、今を確実に捉えて意味深い経験を重ねて行く子供と比べたら「愚かなのは大人の方かもしれない」と思い至るわけです。

 

今日を精一杯に生きるからこそ、明日も未来も輝かしいものになるです。それは昨日や過去がずっと充実していたということにもなるでしょう。

 

私は、親御さんからお子さんについてのご相談を受けることがよくあります。
お話をよくうかがっていると、お子さんに原因がある場合は少なく、親御さん自身の悪癖を見つけることがよくあります。子供が家に帰って来てゆったりしていることを「心配している」と言いつつ、腹を立てているのです。

 

実は私の以前の夫が「家の中できちんとしていないと許せない」という人でした。
夜以外に寝るとかソファーでゆったりするなんてことが許されない私は、いつも「何か有益な事をしていなくてはならない」というプレッシャーの中で暮らしていたのです。

 

けれど、考えてもみればわかることがあります。

子供だって学校や塾や習い事でちゃんと頑張り、家でも頑張らなければならないならば、いったいどこで息抜きをすればよいのでしょう?
現代社会の中、家庭内だけが唯一それが許される場所なのではないでしょうか?

 

先日参加したミナーの内容でも「病気には、原因がわかるものと原因不明の難病と呼ばれるものがありますが、どちらも真の要因は精神の疲れからきている」というものでした。疲れたら手を止めて休めばよい、それが社会に出るとなかなかできなくなるのです。

 

それができるはずの子供や主婦にまでそれをさせないということは「病気にさせたい」ようなものです。

生物はリラックスできると十分なやる気や能力を発揮しますが、緊張を強いられ続けると能力を削がれてしまい、最後にはおかしくなってしまうものなのです。

 

相手が子供でも部下でも、常に緊張を強いていてリラックスさせないのならば、それは「おかしくしたい」というようなものです。多くの人が搾取することに夢中な世の中では、誰もが笑うことや寛ぐことの効能を見落としがちなのかもしれませんね。

西きほ子のセッションへのお申込み・お問合せ

現在募集中の対面セッションの
空き状況はこちらをご覧ください

2018/6/
7更新

【募集中】NEW!
第14回 高次元波動体験会in新橋
2018年7月14日(土)12:00~16:00
参加費8,000円
※詳細はこちらをご覧ください。


霊性実践生活のススメ 注目記事

1

今日は、私が今の様な占い師となる直接のきっかけとなった7~8年前のエピソードをお話しようと思います。   その ...

2

私の日常では、目の前で起こったことをそのまま人に話しても「それは妄想だよ」で片付けられてしまうような事がよく起こります。 ...

3

夫である石井との出会いはSNSがきっかけでした。私の知人の投稿に、全く知らなかった石井がなかなか味のあるコメントを書いて ...

4

つい先日、さっきまで比較的元気だと思っていた夫が夕方に「熱っぽい」と言い出してベッドに寝こんでしまいました。あまりにも辛 ...

-日常からの学び, 霊性を磨く生き方

Copyright© 東京 三軒茶屋 数秘術鑑定・占い 西きほ子 Since2011 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.